大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 10月から杏林大ラッピングバスがお目見え

【お知らせ】 10月から杏林大ラッピングバスがお目見え

 

 
 

ラッピングバスは本学園関連会社のケイ・アール・ロジスティックス(村田晋一社長)の協力を得て、入学センターを中心に運行場所やデ

ザイン等について検討を進めてきました。
 
  車両は1台で、運行ルートについては杏林大八王子キャンパスを高校生や保護者等にアピールすることを主眼とし、西東京バス楢原営業所管内の八王子、日野市、福生市、あきる野市の4市にまたがる6路線で来年の10月まで運行されます。
 
  デザインは杏林カラーの緑を基調とし、清新なイメージを打ち出しています。車両の両サイド後部には学園行事などの告知シールを貼ることが出来、学園祭や入試日程、オープンキャンパスなど年3〜4回、シールを貼り替えながら学園行事をお知らせすることにしています。



2009.10.7

このページのトップへ