大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 八王子市をテーマとした講義「地域の伝統文化」を開講

【お知らせ】 八王子市をテーマとした講義「地域の伝統文化」を開講

 応用コミュニケーション学科では、昨年度に引き続き八王子の伝統文化をテーマとする講義「地域の伝統文化」を9月から開講します。講義は3年生以上を対象に、9月24日から来年1月7日まであわせて14回予定しています。また、外部講師として八王子市で伝統文化に関わっている多くの方々に登壇していただく予定です。
  本学が立地する八王子市には、八王子車人形をはじめとして数多くの伝統芸能が継承されています。まずその存在と楽しみ、そして現在行われているさまざまな保存・活性化活動について知り、その上で学科内に設置されている表現メディア・観光文化の両コースでの学びを通じて、伝統芸能をどのように発信していくかというテーマについて考えていく予定です。
 この講義が、本学の学生にとって身近な存在である八王子をよりよく知る機会になるとともに、学生の視点から八王子市の活性化に少しでも貢献できるきっかけとなれば幸いです。

(外国語学部応用コミュニケーション学科観光文化コース准教授 古本泰之)

■講義日程
日程
内容
担当
第1回 9月30日 イントロダクション

古本 泰之
(外国語学部応用コミュニケーション学科観光文化コース准教授)

第2回 10月7日 日本の伝統文化の歴史と現在(1) 高木 秀樹 氏
(文楽研究家)
第3回 10月14日 日本の伝統文化の歴史と現在(2) 高木 秀樹 氏
(文楽研究家)
第4回 10月21日 八王子の伝統芸能の現状(1) 佐藤 広 氏
(八王子市総合政策部市史編さん室)
第5回 10月28日 日本の伝統人形芝居 西川 古柳 氏
(八王子車人形 五代目家元)
第6回 11月4日 伝統文化を生かした八王子市のまちづくり 冨貴澤 繁幸 氏
(八王子市学園都市文化ふれあい財団)
第7回 11月18日 外国人の視点からみた八王子の伝統文化

楠家 重敏
(外国語学部応用コミュニケーション学科表現メディアコース教授)

第8回 11月25日 八王子の伝統芸能の現状(2) 佐藤 広 氏
原 千惠子 氏(篠笛)
第9回 12月2日 地域振興と伝統文化 古本 泰之
(外国語学部観光交流文化学科観光文化コース准教授)
第10回 12月9日 八王子車人形の現状と将来 西川 古柳 氏
第11〜13回
12月16日〜1月6日
グループ課題作業日
第14回 1月13日 グループ課題発表

 

2009.10.1

 

このページのトップへ