大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 医学部1年生グループプロジェクトで院内コンサート

【トピックス】 医学部1年生グループプロジェクトで院内コンサート

杏林大学医学部では初年次教育の一環として、自分たちで目標を決め、解決法を自分たちで考える経験をする「グループ・プロジェクト」を実施しています。入学時のオリエンテーションで10グループに分かれた1年生は現在、11月の成果発表にむけて企画・提言のまとめの時期に入っています。

ここでは、「院内コンサートを開こう!!」のプロジェクトに取り組んだグループの報告を紹介します。

院内コンサートを開催して

 

コンサート会場の様子と風鈴演奏家の風音さんとボーカルのユンイさんを囲んで(右)


私達、医学部1年生Dグループのメンバー11名は、10月17日(土)午後4時から杏林大学病院の外来ロビーにて院内コンサートを行いました。
これはグループプロジェクトという授業の一環で行ったものです。

Dグループは患者さんやその家族に癒しとリフレッシュに なるよう、音楽療法を取り入れ活動しているプロの風鈴演奏家の風音さんとボーカルのユンイさん( http://www.lifeact.jp/kazaoto/)を招き、コンサートを企画しました。演奏料やその他の雑費の不足分は、先生や先輩、同級生から提供していただいた品物を持ち寄ってフリーマーケットに参加し、めどをつけました。

コンサート当日、どのくらいのお客さんがいらしてくださるか不安でしたが、30名ほどの患者さんとその家族が足を運んで下さいました。
コンサート終了後、患者さんに「ありがとう、とてもよかったよ」と言ってもらった時は本当に企画してよかったと思いました。
まだ1年生で講義ではなかなか医師になってゆくのだという実感がなかったのですが、この企画を通じて人に喜びも与えることのできる医師になりたいと思いました。

M1 Dグループ 

稲葉、古暮、酒見、城野、高畑、竹内

竹内、鶴田、恒川、橋本、樂得

2009.10.22

このページのトップへ