大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 日本eラーニング学会大会でメディア・IT活用の試みを発表

日本eラーニング学会大会で外国語学部におけるメディア・IT活用の試みを発表

 11月26日と27日に産業技術大学院大学で開催された「日本eラーニング学会大会」において、参加した本学外国語学部の熊谷文枝客員教授、詹満江教授、八木橋宏勇講師がプレゼンテーションを行ない、本学独自開発のプログラムを含め、教育現場で活用している8つのシステムを中心に紹介しました。
 この中で熊谷客員教授は本学外国語学部におけるメディア・IT活用の試みの最大の特色は、様々な角度から教職員が協力し合って、学部全体でメディア・IT活用の環境を整備していることにあり、これにより教員の授業準備に関する負担を軽減させるだけでなく、こうしたメディアツールを利用しようとする学生の勉学意欲を刺激することに繋がっていると報告しています。詳しくは下記のサイトをご参照ください。

■日本eラーニング学会 2009年秋季学術講演会プログラム 
http://hwm7.gyao.ne.jp/jela-npo/09apdf/prog2.pdf

■日本eラーニング学会2009年秋季学術講演会発表論文アブストラクト 
http://hwm7.gyao.ne.jp/jela-npo/09apdf/16.pdf
   
■熊谷客員教授ブログ 
http://blog.livedoor.jp/fk_seminar/


2009.12.2

このページのトップへ