大学ホーム>ニュース&イベント>オリエンテーションウィークとローンパイン・コアラ・サンクチュアリー

オリエンテーションウィークとローンパイン・コアラ・サンクチュアリー

2月24日(水)−26日(金)

 
 
 
 

こちらに滞在している学生は皆、元気で日々たくましくなってきています。午前9時から午後4時までの英語の授業と宿題に、格闘をしながら日々を過ごしています。
また、ホームステイ先との関係も良好で、宿題を手伝ってくれたり、一緒に散歩に出たり、遅くまで毎晩話し相手をしてくれたりとしているようです。生活をしながら様々な英語表現を覚えているみたいです。

日本は新年度は4月から始まりますが、こちらオーストラリアの大学では新学期が2月の3週目から開始されることが一般的です。
それに伴って、大学では3週目をO-Week(オリエンテーションウィーク)として、新入生を歓迎したり、学科の紹介、履修のことなど様々な行事が催されます。
一番上の写真はオリエンテーションウィーク内に行われたマーケットの一コマです。
ここでは、クラブやサークルの勧誘、交通機関の宣伝、様々な企業による清涼飲料やアイスクリームの無料配布、バーベキュー(これが一番オーストラリア的なのかもしれませんが)などが行われています。
バンドの演奏などもあり、さながら学園祭のような盛り上がりを見せていました。

金曜日は授業が午後1時15分で終了します。
その後がフリータイムになるので、今日はローンパイン・コアラ・サンクチュアリーにみんなで行きました。
ここでは100頭以上のコアラが飼育されているほか、オーストラリア固有のタスマニアデビル、ディンゴ、ロリキートなど様々な動物も見ることができます。
さらに、カンガルーが放し飼いになっており、その柵の中に入っていき餌をあげたり一緒に写真を撮ったりすることができます。
日々の英語の授業で飽和状態になっていた学生たちは、かわいらしい動物に癒されていたようです。

このページのトップへ