大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 張社平中国大使館大使秘書官による特別講義

【トピックス】 張社平中国大使館大使秘書官による特別講義

  大学院国際協力研究科 国際言語コミュニケーション専攻は、平成22年7月20日(火)八王子キャンパスF棟に現在駐日大使の秘書官であり通訳者として活躍されている張社平秘書官をお招きして、特別講義をしていただきました。

 今回が第1回目となる張秘書官の特別講義には当該専攻である大学院生全員が受講しました。「通訳の現場というのはある種、戦いの場である」という力強い言葉から始めて張秘書官は、通訳を行うまでの事前準備や心構えから張秘書官がこれまでに培ってきた独自の学習方法など、実に幅広い範囲でのノウハウ・戦術を実体験を交えながら話していただきました。




  当初1時間半を予定していましたが、張秘書官の熱心なご講義と質疑応答も含め2時間にわたる大変内容の濃い講義となりました。

  最後に張秘書官は「日々の努力を欠くことなく是非とも頑張ってほしい」と大学院生を励まし、「それでは次回の講義でお会いしましょう」という言葉をかけて和やかな雰囲気の中、惜しみない拍手を受け今回の講義を終えました。




大学院留学事典(アルク社)の掲載記事はこちらから (1.9 MB)



(国際協力研究科国際言語コミュニケーション専攻 院生 藤田由香利)



2010.8.21

このページのトップへ