大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 杏林大学新聞第4号を発行しました

【お知らせ】 杏林大学新聞第4号を発行しました

杏林大学新聞の第4号を8月26日発行しました。
第4号は、外国語学部 金田一秀穂教授と医学部 松村讓兒教授が、いまどきの学生気質や学ぶこと、悩むこと、経験することの意義、杏林の魅力や学生に望むことなどについて語る対談を1面トップ記事とし、向こう3年間に全学的に取り組む、教育や学生支援等に関する中期計画の報告、それに平成23年4月に新設する保健学部作業療法学科について紹介しています。

また、八王子キャンパスの各センターや各部署の教職員が、力を合わせてキャンパス全体で学生支援体制の強化に努めている現状を、学生支援の取り組みとして紹介しています。

このほか、今春東京新大学野球連盟1部リーグでベストナインに選ばれた2人の1年生、ボルネオでへき地医療にも携わる卒業生、大学の学びを地域貢献に役立てる地域交流活動の紹介、クラブ活動に励む学生の様子、秋からの講演会やイベントのお知らせ、好評の金田一教授の連載や健康ひとくちメモまで全8ページの構成です。

杏林大学新聞編集委員会


2010.8.27

このページのトップへ