大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 杏林大学学生の水難事故についてのお詫び

【お知らせ】 杏林大学学生の水難事故についてのお詫び

平成22年10月30日



杏林大学学長
跡見 裕


 杏林大学学生の水難事故についてご報告させていただきます。
 本日(10月30日)昼ごろ藤沢市の片瀬海岸で、本学保健学部の1年生4名が海上での救難訓練の際に高波に流され遭難し、海上保安庁の船舶、横浜市消防局のヘリコプターならびに自衛艦により救助されました。うち2名は藤沢市民病院に搬送されましたが、幸い一時的な低体温症ということで回復し直ちに帰宅することができました。

 学生はいずれも救急救命学科に所属し、またライフセービング部に属しています。このライフセービング部の活動は台風での遭難救助を想定し、あえて4年生の判断で実行するにいたりましたが、悪天候がわかっているなかで大学への届出もなく、訓練を実施したことは、無謀の謗りを免れず、多方面にご迷惑をおかけいたし誠に申し訳ございませんでした。

 本学としては今後こうしたことがないよう学生への指導を徹底してまいる所存でございます。
 学生の救助にあたっていただいた皆様に心から感謝申し上げます。

このページのトップへ