大学ホーム>ニュース&イベント>杏林大学病院より医師、看護師3人が東京DMATとして被災地へ

杏林大学病院より医師、看護師3人が東京DMATとして被災地へ

3月14日(月)午前、杏林大学医学部付属病院から医師2人、看護師1人が東京DMATとして宮城県に派遣されることになりました。
派遣されるのは井上医師、加藤医師、高野看護師の3人です。



2011.3.14

このページのトップへ