大学ホーム>ニュース&イベント>都立青梅総合高校と連携協定を締結

都立青梅総合高校と連携協定を締結

協定書を締結。左から青梅総合高等学校  粕谷真由美総合学科推進部主幹教諭、田中久雄進路指導主任、野中繁校長、 杏林大学 内藤高雄教授、同 齋藤幸雄八王子事務部長



杏林大学と東京都立青梅総合高等学校(野中繁校長)は6月16日(木)、高大連携事業を進めるための連携協定を締結しました。

これまでにも本学保健学部救急救命学科の教員と学生が、AEDの使用法や心肺蘇生法の指導を行うために、定期的に青梅総合高等学校を訪問していますが、今回の協定締結により多方面による教育連携が進むことが期待されます。

本学では今後も出張講義や高校生対象のスプリング・サマースクールなどを実施して高等学校との連携を深めていきたいと考えています。

なお、今回協定を結んだ都立青梅総合高等学校の生徒による体験授業が、6月23日(木)八王子キャンパスで行われることになっています。

2011.6.20

このページのトップへ