大学ホーム>ニュース&イベント>八王子キャンパス・夏季期間における節電対応について

八王子キャンパス・夏季期間における節電対応について

平成23年6月13日


教職員の皆さんへ

学長   跡見  裕
節電対応委員会委員長
副理事長 松田 剛明


 経済産業省は電気事業法27条(罰則規定あり)に基づき大口需要家(契約電力500KW以上)に対して、本年7月1日〜9月22日間における電力使用ピーク値を昨年同期間の使用ピーク値から15%以上の削減を図ることを通知しました。

 これを受けて法27条の適用となる八王子キャンパスでは以下の主な取組みにより法を守るとともに、社会の一員としての責務を果たしてまいります。同時に節電対応により教職員及び学生の皆さんにもご不便、ご苦労をおかけすることになりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。



<節電対応期間及び施策>

 1.節電対応第1期(7月1日〜7月19日)
  (1) 不使用時の冷房・照明等の電源を切る。
   {キャンパス全員での取組み及び節電委員(職員)による巡回対応}
  (2) エアコンの温度設定を28度以上とする。
  (3) 一部エレベーターの運行を停止する。
  (4) 各棟の電気給湯器の使用を停止する。
  (5) パソコン・ディスプレイの輝度低減調整、など

 2.節電対応第2期(7月20日〜8月21日)
  (1) 第1期施策を継続する。
  (2) キャンパス内での教育・研究活動を原則行わない。
   *「教育研究活動等実施許可願」により学部長が承認した場合に許可する。
    通電が必要な特定設備・機器以外の研究室・教室・図書館・建物の空調・照明を停止し、同時に冷蔵庫等、常時通電機器のコンセントを外す。
   *この期間における勤務の取扱いは研究日扱とする。
    よって、期間終了後に教育・研究活動報告書を学部長宛てに提出ください。
    教育研究活動等実施報告書 [word文書(doc)]
   *教育・研究活動(研究日)以外の休暇取得については夏季休暇若しくは年次有給休暇等の届出を願います。

  (3) 公認クラブ・サークル活動は電力を使用しない範囲での活動を事前申請により認める場合がある。
  (4) 各種の証明書発行、就職相談等は学生の求めにより対応する。
  (5) キャンパス内の食堂など飲食サービス機能を停止する。
  (6) 事務職場の集約により節電を図る。

 3.節電対応第3期(8月22日〜9月22日)
  (1) 第1期施策を継続する。

以上

このページのトップへ