大学ホーム>ニュース&イベント>杏林大学 八王子キャンパス  平成23年夏の電力削減計画

杏林大学 八王子キャンパス  平成23年夏の電力削減計画


具体的削減対策(第1期・第3期対策)

No.
対策項目
内容
実施時期
削減効果
1 C棟食堂
天井水銀灯消灯。
食堂天井の水銀灯を、
昼間消灯した。
4月20日より
実施中。
1F:20.7kw(135灯)
2F:7.8kw(34灯)
合計:28.5kw
2 空調用の外調機
停止。
K棟各階の外調機(OAC)10台を
停止した。
4月27日より
実施中。
27.7kw×0.4(需要率)
=22.2kw
3 温水ボイラーの
停止。
K棟地下にある、
温水ボイラーを停止した。
5月18日より
実施中。
72kw×0.4(需要率)
=28.8kw
4 ボイラー運転の
ピーク時間帯停止。
動物舎の蒸気滅菌機の運転を集約
して、ピーク時間帯に運転しない。
6月20日より
実施。
27.8kw×0.8(需要率)
=22.2kw
5 G棟各階の
給湯器停止。
各階の給湯器4台を停止し、
各室のポットを利用する。
7月1日より
実施。
9.5kw×0.8(需要率)
=7.6kw
6 管理の徹底。 (1) 不要・不急の機器停止。
(2) 消灯の徹底・間引き。
(3) 冷房時間・温度の徹底。
(4) 待機電力の削減
  コンセントをぬく。
(5) 自販機の照明消灯。
(6) パソコン画面の照度を下げる。
4月1日より
順次実施中。
150kw(4月・5月実績)
7 図書閲覧室の集約。 F棟1階と2階にある書庫の
照明・空調を半減する。
7月1日より
実施。
1F照明:4kw×1/2=2kw
1F空調:42kw×1/2=21kw
合計:23kw
I棟地下1階と1階にある書庫の
照明・空調を半減する。
7月1日より
実施。
1F照明:4kw×1/2=2kw
1F空調:30kw×1/2=15kw
合計:17kw
8 各棟に設置されている、
給湯器停止。
D棟・E棟・F棟・I棟・K棟の
給湯器14台を停止する。
7月1日より
実施。
合計25kw×0.8(需要率)
=16.8kw
9 食堂冷房を
ピーク時間帯に半減。
C棟・J棟の食堂冷房を
13時からは、半減する。
7月1日より
実施。
C棟:76kw×0.8(需要率)
×1/2=30.4kw
J棟:62kw×0.8(需要率)
×1/2=24.8kw
合計:55.2kw
     
合計
371.3kw
このページのトップへ