大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 東日本大震災等による被災者に対する義援金募金の集計結果報告と配賦について

【お知らせ】 東日本大震災等による被災者に対する義援金募金の集計結果報告と配賦について

ご寄付いただきました皆様へ


 このたびは、東日本大震災等により被災された学生及び教職員のご家族に対し、直接配賦することを目的とした義援金募金にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 教職員並びに学生・ご父母の皆様方から、各職場に設置した募金箱並びに銀行口座に振り込まれた義援金募金総額が2,412,755円となりましたのでご報告申し上げます。

 予想を上回る皆様からの温かいご支援に対し、心より御礼申し上げます。

 以上の原資をもとに、下記の要領で義援金、見舞金を配賦することに致しました。




 1.対象者: 本学園が設置する学校に在籍する学生及び教職員のご家族で、
        今回の震災・津波・原発事故等により被災された方及び現在も家族が避難生活をしている方。

 2.種 類
  (1)義援金: 家屋の流失、損壊等による全壊及び半壊の被災者に金額を定め配賦する。
  (2)見舞金: 震災・津波により親族(2親等以内)が死亡又は行方不明となっている方、
          原発事故等により避難生活を余儀なくされている方に、金額を定め配賦する。

 3.配賦する金額 
  (1)義援金の配賦   ※ 件数は、学生・教職員の被災状況の人数。
罹災程度
配賦額(円)
件数
金額(円)
備考
全    壊
150,000
7
1,050,000
学生(4)、教職員(3)
半    壊
80,000
10
800,000
学生(9)、教職員(1)
17
1,850,000
 

  (2)見舞金の配賦   ※ 件数は、学生・教職員の被災状況の人数。
罹災程度
配賦額(円)
件数
金額(円)
備考
親族死亡・行方不明(1名あたり)
50,000
5
250,000
教職員(5)
原発事故による避難生活
50,000
5
250,000
学生(2)、教職員(3)
10
500,000
 

  (3)原資支出
    上記 (1)+(2) = 2,350,000円は、本学園教職員並びに学生・ご父母からの募金に
    よる2,412,755円から充当する。残金62,755円については、本学各学部及び看護専門学校
    杏会からの被災学生を対象にした修学援助資金に合算して使用させていただきます。

 4.申請期日
  平成23年 7月 8日(金)

 5.被災状況の把握及び口座届の提出先
  (1)学生及び教職員へ、今回の支援制度を案内し《告知:6月29日(水)から》、(3)の
     窓口にて義援金・見舞金の振込口座届を出させる。《締切:7月8日(金)まで》
  (2)口座届を出させる際に、調査資料をもとに被災状況等を口頭で再確認し、窓口担当者が記録する。
  (3)窓口
    ○三鷹キャンパス: 医学部・大学院生(医学部事務課)、看護学科・大学院生(看護学科事務室)、
            看護専門学校生(看護専門学校事務課)、三鷹教職員(人事課)  
    ○八王子キャンパス: 学部・大学院生(学生支援課)、八王子教職員(庶務課)

 6.事務取り纏め: 大学事務部

以上


東日本大震災等により被災された学生・教職員家族に対する募金
発起人代表・学長 跡見 裕


2011.06.29

このページのトップへ