大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 医学部管弦楽団・第17回院内コンサートが行われました

【トピックス】 医学部管弦楽団・第17回院内コンサートが行われました

 この度は東日本大震災により、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々とそのご家族及び関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 私たち杏林大学医学部管弦楽団は、5月28日(土)に杏林大学医学部付属病院外来棟1階ロビーにて、病院内アンサンブルコンサートを行わせていただきました。コンサートは今回で第17回を迎え、毎年たくさんの患者さんやそのご家族、病院職員の方々にお楽しみいただいております。今年は木管四重奏、弦楽アンサンブル、オーケストラの構成で行いました。4月に入学した一年生にとっては初めてのステージとなり、部員としての活動の最初のステップです。
 当日は悪天候にも関わらず、入院や通院されている患者さんをはじめ多くの方々がご来場くださり、アンケートを通じての感想ではほとんどの方に満足していただけた演奏会となりました。練習不足な箇所もあったかもしれませんが目立って大きな失敗もなく無事に、そして何より楽しく演奏ができてよかったと思っています。
 11月20日(日)には三鷹市芸術文化センター「風のホール」にて第25回定期演奏会が行われ、交響曲第8番(ドヴォルザーク)、スラブ行進曲(チャイコフスキー)、コッぺリア(ドリーブ)組曲より抜粋を演奏いたします。ご都合のよろしい方はぜひ足をお運びください。部員一同、心よりお待ち申し上げます。

 


医学部管弦楽団部長 荻野由香里

2011.6.29

このページのトップへ