大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 「第71回日本寄生虫学会東日本支部大会」を開催します

【お知らせ】 「第71回日本寄生虫学会東日本支部大会」を開催します

 平成23年10月1日(土)午前10時より、本学医学部感染症学講座寄生虫学部門の主催で「第71回日本寄生虫学会東日本支部大会」を下記の要領にて開催いたします。
 本学からは、医学部感染症学講座の小林富美惠教授が大会長、井上信一助教が演者として出席いたします。
 皆さまのご参加をお待ちしております。



■第71回日本寄生虫学会東日本支部大会
会  期 : 平成23年10月1日(土)
会  場 : 杏林大学三鷹キャンパス大学院講堂(第2病棟4階)
時  間 : 10:00〜17:00 (開場9:15 受付開始9:30〜)
参加費等: 無料・申し込み不要。直接会場へお越しください。
       (*一般参加者大歓迎です)

 

企画講演: Malaria nouveau!  −マラリア研究の新たなる潮流−

 座長: 太田 伸生 博士 (東京医科歯科大学)、北 潔 博士 (東京大学)

 企画講演 1. 「人獣共通感染性サルマラリアの現状と新たな研究展開」

 演者: 川合 覚 (獨協医科大学)

 企画講演2. 「進化する薬剤耐性マラリア原虫:研究と対策の最前線」

 演者: 美田 敏宏 (東京女子医科大学)

 企画講演3. 「マラリア感染が明らかにする自然免疫リンパ球の新たな役割」

 演者: 井上 信一 (杏林大学)

 企画講演4. 「マラリア原虫ミトコンドリアの知られざる顔」

 演者: 前田 桂 (お茶の水女子大学)

大会長: 小林 富美惠 (杏林大学医学部感染症学講座寄生虫学部門 教授)

 


2011.9.7

このページのトップへ