大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 薬理学・木村徹助教 日本消化吸収学会学会賞を受賞

【トピックス】 薬理学・木村徹助教 日本消化吸収学会学会賞を受賞

 10月20日−10月21日に福岡国際会議場で開かれた第42回日本消化吸収学会総会において、医学部薬理学教室・木村徹助教が平成23年度日本消化吸収学会学会賞(天野学術研究奨励賞)を受賞しました。
  木村助教の受賞は“消化と吸収”誌 第33巻第3号に公表された「新規有機酸トランスポーターOAT10の消化管での発現」と題する論文に対するものです。
  近年、腎臓においてその発現と尿酸輸送への関与が明らかになりつつあるOAT10の消化管における発現解析を進めたもので、この分子が未だ不明である消化管での尿酸吸収を行う輸送体であると考えられ、消化管を標的臓器とした新規尿酸降下薬の創製に繋がる可能性が評価されました。


医学部薬理学教室教授 櫻井裕之


2011.10.22









このページのトップへ