1. 杏林大学トップ
  2. 硬式野球部 激闘の末流通経済大を下し1部リーグ3位確保

硬式野球部 激闘の末流通経済大を下し1部リーグ3位確保


 東京新大学野球連盟1部春季リーグ戦で、本学硬式野球部は昨年春季リーグの覇者東京国際大から勝ち点を挙げたほか、優勝を決めた創価大に唯一黒星をつけるなど善戦を続けてきましたが、共栄大、東京学芸大に手痛い敗戦を喫し、最下位・入れ替え戦も覚悟の土壇場に追い込まれました。

 最後の流通経済大戦は第1戦が1対2で惜敗、第2戦は3対3で引き分け、降雨ノーゲームを挟んだ第3戦は延長10回4対3でサヨナラ勝ちし、勝てば1部残留、負ければ最下位決定プレーオフという状況の中で30日、最終戦を迎えました。

 最終第4戦は杏林大が1回と2回にそれぞれ3点を挙げて試合を優位に進めましたが、流通経済大も3回裏に1点、5回にも2点を加えて追いあげました。杏林大は好投を続けた亀田貴大(総合政策学部1年・甲府一高)に代わって7回から亀谷拓郎(総合政策学部3年・東亜学園)を投入、その亀谷が3イニングをきっちりと抑えそのまま6対3で流通経済大を制しました。

 この結果、杏林大は勝ち点2の6勝7敗となり、勝率で単独3位を決めました。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   計 
杏林大  3   3   0   0   0   0   0   0   0   6 
流通経済大  0   0   1  0   2   0   0   0   0   3 

5月20日 対東京学芸大戦より

5月20日 対東京学芸大戦より

2012.05.30

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP