1. 杏林大学トップ
  2. 秋学期「英語サロン」が開講(八王子キャンパス)

秋学期「英語サロン」が開講(八王子キャンパス)

 本学外国語学部では、2010年の秋から、英会話学校の協力を得て、授業の空き時間を利用して英語のネイティブ講師と英会話が楽しめる「英語サロン」を開講しており、秋学期最初の「英語サロン」が10月11日(木)行われました。

 この「英語サロン」は、いつも授業で学んでいる英語を“話せる・使える英語”に変えていくことを目的としており、使う言葉は英語だけです。クラスは3種類で、インテンシブ・プログラムを履修している学生限定のIntensive Class、インテンシブの学生と一般募集の学生が一緒に参加できるSemi Open Class、一般募集の学生が好きな曜日・時間に参加できるOpen Classに分かれています。

 11日(木)に行われたSemi Open ClassとOpen Classでは、それぞれ3〜4名の学生がネイティブ講師を囲み、英会話に臨みました。講師から学生たち「名前、出身地、大学ではどんなことを勉強しているのか、趣味は何か、の4つについて教えてください」と英語で問いかけがあり、学生たちは時折つかえながら英単語を繰り出していました。会話は、講師が学生の受け答えの中から気になったことを質問して学生から新たな話題を引き出し、それを広げていく形で進められ、学園祭や誕生日の話、オリンピックの話、好きな音楽の話、またガールフレンドの話まで飛び出すなど、様々な話題で盛り上がりました。
ほとんどの学生が初めての参加で最初は不安そうにしていましたが、時間が経つにつれリラックスした様子で受け答えし、初めて参加したという外国語学部観光交流文化学科の1年生は「実際に参加してみると思っていたより堅苦しくなく、緊張しませんでした」と話していました。

 一般募集の学生は1回限りからの参加が可能で、総合政策学部や保健学部の学生からの申し込みも受け付けています。Semi Open Class・Open Classの申し込みはキャリアサポートセンターで受け付けています。
 外国語学部では文部科学省の平成24年度グローバル人材育成推進事業に採択されたことを受けて「中国語サロン」を開設することになり、10月22日から開講します。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP