1. 杏林大学トップ
  2. イギリス大使館の領事らが法医学教室を見学

イギリス大使館の領事らが法医学教室を見学

 平成24年11月15日(木)、イギリス大使館のグレアム・ネルソン領事ら5名が法医学教室を見学に来校しました。今回の見学は、大使館の領事部は在日英国籍者保護業務の一環として日本滞在中に亡くなられた方のご家族の対応にあたるため、日本の行政・司法解剖等に関する知識を深めることを目的に行われたものです。

 一行はまず、松田博青理事長、法医学教室・佐藤喜宣教授と懇談し、災害や事故発生時の外国人への対応等について質疑しました。その後、霊安室を見学、法医学教室に場所を移し、本学で行われる検視・解剖・検案書類作成等の具体的な流れの説明や、実際の検視現場の見学を行いました。また、領事らからは、日本とイギリス間での書類のやり取りの方法や、実際にあった葬儀に関するトラブル等の質問・相談があり、佐藤教授のアドバイスを真剣に聞いていました。

 最後にネルソン領事は「貴重な機会を設けていただきありがとうございました。とても勉強になりました」と佐藤教授に感謝の気持ちを伝えました。

2012.11.19

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP