1. 杏林大学トップ
  2. 本学学生が「羽村市第1回環境フェスティバル」に運営委員として参加

本学学生が「羽村市第1回環境フェスティバル」に運営委員として参加

 11月23日に東京都羽村市において、「羽村市第1回環境フェスティバル」が開催されました。
 本学は羽村市と包括連携協定を締結しておりますが、その連携事業の一環として本学から3名の学生が運営委員ボランティアとして参加し、6月から企画会議に加わり、市関係者のご指導を仰ぎながら企画運営・準備を進めてきました。
 フェスティバル当日はあいにくの天候でしたが、盛況のうちに無事終了し、学生たちにとって貴重な経験となりました。

■参加学生の感想(観光交流文化学科2年 松本 結里香)

 私は「羽村市第1回環境フェスティバル」に、同じ学科の大塚友理・鈴木彩花の2名とともに、運営委員ボランティアとして参加させていただきました。
 羽村市役所環境課の皆さま・羽村市在住の他大学の皆さまと協力し、地球温暖化・再生可能エネルギー・省エネルギー・自然環境保護などへの関心を高めるイベントとなるよう、6月から活動をしてきました。
 私たち杏林大学生は、エコを利用した遊びをテーマに、1人1企画立案しました。 私は水筒代わりとして何度も使ってもらえるよう、ペットボトルにオリジナルの絵を描く、「マイペットボトル」という企画を立案・実行しました。
 フェスティバル当日は、少し雨も降っていたのですが、午後には小学生を中心とした家族連れやお年寄りなど、多くの方が参加してくれました。その結果、用意していたペットボトルもほぼ使い切り、大成功に終わりました。
 私は今回のボランティアに参加して自らの企画をやり遂げたことで、少し成長できた気がしています。今後もこのような機会に積極的に参加していきたいと思います。

【地域交流課】
2012.12.18

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP