1. 杏林大学トップ
  2. 救急救命学科教員が小金井警察署でBLS(一次救命処置)講習会を実施

救急救命学科教員が小金井警察署でBLS(一次救命処置)講習会を実施

 平成24年12月4日、救急救命学科和田貴子教授以下4名の教員が、小金井警察署において、警察官48名に対してBLS(一次救命処置)を指導しました。
 和田教授は、“心肺蘇生法とAEDの活用方法について”の講義に加え、今回特に依頼のあった“舌咬傷の対処法について”も講義しました。講義は、吉永徳昭署長を始め大勢の職員が聴講し、医学的エビデンスを基にした内容に聞き入り、「難しい内容を分かりやすく教えていただいた。さっそく現場で役立てたい」旨の感想をいただきました。
 その後、警察署内の柔道場で行った実技講習では、現場活動に携わる警察官の方々が熱心に受講し、鋭い質問等も多々寄せられました。
 吉永署長を始めとした署内の方々の和やかな雰囲気の中、警察官の方々の機敏で統制のとれた行動等により短時間で多くのことをしっかりと学んでいただくことができ、警察官の皆さんの責任感、使命感が伝わるとともに、都民として守られているという安心感と頼もしさを感じとることができました。

 救急救命学科は、今後も、心肺蘇生法の講習会を通し、地域の安全安心の確保を担ってまいります。
 

【保健学部救急救命学科助教 神山麻由子】 

2012.12.18

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP