1. 杏林大学トップ
  2. 「国際交流実績報告書(2009年度〜2011年度)」を発行

「国際交流実績報告書(2009年度〜2011年度)」を発行

 中期計画実行体制・海外交流促進実行部会で作成を進めていた「国際交流実績報告書(2009年度〜2011年度)」がこの度、完成・発行しました。全学における海外交流実態の把握は当部会の課題の一つであり、今回、全学教職員の協力を仰ぎ、2009年度から2011年度までの3年間の海外交流活動のアンケート調査を行いました。このアンケート結果と過去の資料を基に、教職員の海外交流事業や学生の海外留学・研修実績などを一覧にまとめ、それぞれ実施報告や感想等を掲載し、本学の国際交流活動が一目でわかるようにしております。また、本学の海外交流協定校や病院、留学生受入数、留学生との交流活動なども掲載しており、学内関係者のみならず学外の方へ本学の国際交流実績を紹介できる報告書として取りまとめました。

 また、本報告書を英語・中国語に翻訳したことで、海外に対しても国際交流実績を発信することが可能になりました。
 本報告書がこれから海外交流事業を考えている教職員や海外留学を希望している学生、本学に留学している留学生、さらには本学への入学や留学をお考えの方々への参考になればと祈っております。

※「国際交流実績報告書(2009年度〜2011年度)」に関するお問合せは国際交流課まで

2013.04.15
海外交流促進実行部会

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP