1. 杏林大学トップ
  2. マクミラン客員教授の「新・富嶽三十六景展」表参道で9/23まで開催

マクミラン客員教授の「新・富嶽三十六景展」表参道で9/23まで開催

外国語学部のピーター マクミラン客員教授(専門は文学、詩、美学、翻訳)による版画作品を展示した「新・富嶽三十六景展」が9月18日(水)から9月23日(月)までスパイラルガーデン(港区南青山5-6-23)で開かれています。

マクミラン客員教授は、『百人一首 One Hundred Poets, One Poem Each』(2008年 コロンビア大学出版局)、日本語版『英詩訳百人一首 香りたつやまとごころ』(2009年 集英社新書)、『伊勢物語 The Tales of Ise』(2013年 Columbia University Press & Penguin Books)などを発表する傍ら、2012年秋にはパリのUNESCO本部で開催された展示会イベント「浮世絵展示会〜日本より感謝を込めて」で版画作品を展示するなど近年は芸術活動にも精力的に取り組んでいます。


今回の「新・富嶽三十六景展」は、富士山のユネスコ世界文化遺産登録を祝して開催するもので、マクミラン客員教授の版画作品には、日本文化における富士山の文化的な素晴らしさを国内外に発信したいという強い想いが込められています。

2013.9.17

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP