1. 杏林大学トップ
  2. 眼科学教室 篠崎尚史非常勤講師が「ペイトン賞」を受賞

眼科学教室 篠崎尚史非常勤講師が「ペイトン賞」を受賞

眼科学教室の篠崎尚史非常勤講師がこのたび、米国アイバンク協会の栄誉ある賞「ペイトン賞」を受賞しました。
米国で初めてアイバンクを設立した眼科医タウンリー・ペイトン氏の名前を冠した賞で、日本人では初の受賞となります。

篠崎非常勤講師は、平成7年に東京歯科大学市川総合病院の角膜センター長に就任し、献眼の普及活動や献眼家族の心のケアに尽力してきました。
角膜移植のみならず、日本の移植医療の発展に大きな功績があり、昨年7月からは日本臓器移植ネットワークで専務理事を務めています。

杏林アイバンクは平成15年に日本で53番目のアイバンクとして設立されました。篠崎非常勤講師には設立以来現在に至るまで、杏林アイバンクの運営、献眼普及活動とともに、指導においても大きく貢献いただいています。

2014.3.10

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP