1. 杏林大学トップ
  2. 本学OBの弁護士を招いて就活サークルを開催

本学OBの弁護士を招いて就活サークルを開催

 キャリアサポートセンターでは、民間企業への就職に向けて社会人基礎力を低学年次から養ってもらおうと、4年前から就活サークルを主催しています。今年度は「自分の人生、自分で決める」をコンセプトに毎月第1・第3水曜日の4限・5限に活動しており、このうち前期は「自分を知る」をテーマに、学内外で働く方々をゲストにお招きして話を伺ったりディスカッションを行ったりしています。
 第6回目となる7月2日(水)は、平成9年3月に本学社会科学部を卒業され、現在は弁護士としてご活躍されている福島正洋氏をお招きして、座談会を実施しました。
 座談会には、文系2学部の1、2年生を中心に総勢20人余りの学生が参加し、福島弁護士が学生の質問に答える形で行われました。席上、学生たちから「今までの人生で一番つらかったことは何か」、「どのような覚悟をもって『弁護士になる』という目標を実現させたのか」、「将来の夢は何か」などの質問が次々に寄せられたのに対して、福島弁護士は「現代社会はあらゆる情報が氾濫しているが、それに惑わされることなく、主体的に行動し多くのことを経験することが重要です。『百聞は一見にしかず』ということですね。実りある大学生活を過ごして下さい」などと歯切れよく答えられていました。座談会が終わった後、学生たちは「非常に参考になった」、「テレビで見る弁護士像とは全く違う一面を知れた」、「強い意志があれば夢は必ず実現できると感じた」などと感想を話していました。
 今年度後期の就活サークルは「社会を知る」をテーマに、さらに積極的に活動を展開することにしています。

キャリアサポートセンター 2014.7.8

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP