1. 杏林大学トップ
  2. 外国語学部1年生がグローバルや地域をテーマにした課題発表会を実施

外国語学部1年生がグローバルや地域をテーマにした課題発表会を実施

1月10日(土)に外国語学部1年生全員による「基礎演習」課題発表会を開催しました。「基礎演習」とは外国語学部の1年生が履修する必修授業の1つであり、春学期には大学での学びに必要な基礎的な知識・能力を修得することに重点を置き、秋学期には学生主体の学びに重点を置いて「課題発見・問題解決型」の授業を展開しました。

現在、本学が「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」(旧「グローバル人材育成推進事業」)と「地(知)の拠点整備事業」に採択されていることもあり、「グローバル人材とは」と「大学生ができる地域貢献」のいずれかの課題について各クラスで議論を重ね、発表会を行いました。また、クラス編成は外国語学部の3つの学科(英語学科、中国語学科、観光交流文化学科)の混成とし、専門分野の異なる教員2名が指導にあたりました。

課題発表会に向けて、学生たちは自治体などでのボランティアやインタビューを通し、問題点を洗い出したうえで、「学生視点」の問題解決策を提案しました。学生たちは解決策の提案の説明に創意工夫を重ね、効果的なプレゼンテーションを準備して本番に臨みました。そのため、全てのグループのプレゼンテーションがわかりやすく魅力的なものとなりました。

学生たちは、当初、他学科の学生たちと学び合うことや、専門の異なる教員からアドバイスを受けること、自分たちで課題設定をすることなど戸惑うことばかりでしたが、一つ一つ困難を乗り越えて、最終的にはすばらしいプレゼンテーションを作り上げることができました。



外国語学部 基礎演習コーディネータ 千野万里子、倉林秀男、宇佐美貴浩

2015.1.16

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP