1. 杏林大学トップ
  2. 救急救命学科が中学生に対するBLS指導を実施 —羽村市との連携協定—

救急救命学科が中学生に対するBLS指導を実施 —羽村市との連携協定—

 保健学部救急救命学科では、羽村市との連携協定に基づいて羽村市教育委員会と連携しながら、市内3校の中学生に対するBLS(一次救命処置)指導を平成22年度から実施しています。
 6回目となる今回も、市内の中学2年生全491名を対象に、6月1日、8日、15日の3日間に分け、各中学校の体育館で指導を行いました。

 始めに、救急救命学科4年生の学生がAEDの使用方法や胸骨圧迫の手順について解説し、続いて、教員9名と学生43名が実技指導を行いました。生徒らはいざという時に家族や友人、地域の人を守れるようにと熱心に受講していました。
 指導を行った学生は「指導の充実感と理解してもらうことの難しさを学びました」と話しました。

生徒にAEDの解説をする学生

生徒にAEDの解説をする学生

モデルを使用して胸骨圧迫の実技

モデルを使用して胸骨圧迫の実技

2015.6.19

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP