1. 杏林大学トップ
  2. たびレジ及び在留届への登録徹底について(韓国情勢を踏まえた対応について)

学生・教職員の皆様へ
たびレジ及び在留届への登録徹底について(韓国情勢を踏まえた対応について)

 8月20日(木)に韓国と北朝鮮の軍事境界線付近で、北朝鮮側から砲撃があったため、在韓国日本国大使館領事部より、韓国の在留邦人に対して下記の連絡が配信されました。
 これを受け、学生等の韓国渡航に関して8月21日(金)、文部科学省から全国の大学宛に、外務省からの最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、いざという時の緊急連絡などが受け取れるよう、外務省が実施している渡航登録サービス(「たびレジ」又は「在留届」)への登録を行うよう呼びかけがありました。


○外務省渡航登録サービス
(3ヶ月未満:外務省海外旅行登録「たびレジ」、3ヶ月以上:在留届電子届出システム「ORRnet」)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/


【在韓国日本国大使館領事部から配信されたメール】
「既に報道されておりますとおり、昨日(20日)15時53分頃及び16時12分頃、京畿道ヨンチョン郡(ソウル市北方)に位置する軍事境界線付近で、北朝鮮側から砲撃がありました。同砲撃に対し、韓国軍は対応射撃を実施しており、現在、韓国全軍で警戒レベルを上げている状況です。現在までのところ、人的・物的な被害は確認されておりませんが、北朝鮮軍は、20日17時(韓国時間17時半)から48時間以内(22日(土)17時(韓国時間17時半)まで)に対北朝鮮拡声器放送を中止しない場合、軍事行動を開始する旨を韓国側に通告している状況です。
 以上の状況を踏まえ、在留邦人の皆様におかれまして、特に下記にご留意くださいますようお願いいたします。
●北朝鮮との軍事境界線付近への不要不急の訪問は控えていただきますようお願いいたします。
●在韓国日本国大使館領事部が発行している「安全マニュアル」には、緊急時に備えた情報を掲載しておりますので、ご参考にしていただきますようお願いいたします」



 留学や研究、休暇を利用して海外渡航する際には、危険情報が発出されていない地域等であっても、外務省が発出する渡航情報等及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報がすぐ入手できるように努め、日頃から危機管理意識を持つとともに、状況に応じて適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください。

【参考】
○外務省海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/

2015.8.22
総務部総務課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動