1. 杏林大学トップ
  2. 医学部1年生科目「地域と大学」で表彰式を実施

医学部1年生科目「地域と大学」で表彰式を実施

 医学部1年生が地域の医療や福祉の現場について学ぶ科目、「地域と大学」の表彰式が、1月6日(水)に三鷹キャンパスで行われました。
 医学部での「地域と大学」は、本学が平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(COC事業)に採択されたことを受けて、平成20年度より行われていたグループプロジェクトを発展させた形で、平成26年度から必修科目「医療科学A」の一部のカリキュラムとして始まりました。これから医師への道を歩む1年生が、地元三鷹の医療や福祉について自分達が設定した課題を街中に出て体験的に学んだり、さまざまな立場の方達に話を伺ったりすることを通して、社会が医師・医療者に望んでいることを実感できるカリキュラムとなっています。
 昨年11月21日(土)に行われた発表会で、来場者から高い評価を得た2グループが最優秀賞、優秀賞を受賞し、この度、渡邊医学部長より賞状が授与されました。
 最優秀賞を受賞したNグループ8名の学生は、「病児保育」をテーマとし、三鷹市の利用状況や取り組みについて説明し、認知度の増進や利用マナーの改善が今後必要であることを述べました。優秀賞を受賞したGグループ6名の学生は、「絵画の持つ力」をテーマとして、アートギャラリーとアートセラピーの患者さんに癒しを与える効果について、自ら行った実地調査の内容に基づいて説明しました。

*11月21日発表会の様子は:こちらから

<center>最優秀賞(Nグループ)</center>

最優秀賞(Nグループ)

<center>優秀賞(Gグループ)</center>

優秀賞(Gグループ)

グループ 発表テーマ 担当教員
最優秀賞 Nグループ 病児保育について 苅田香苗教授(衛生学公衆衛生学)
優秀賞 Gグループ 絵画の持つ力 菊地俊暁講師(精神神経科学)
■全グループ 発表テーマ一覧
Aグループ 障がい児教育
Bグループ 訪問介護とデイサービス
Cグループ 三鷹市における児童健康教育・健康増進活動について
Dグループ 学校給食と食物アレルギー
Eグループ 三鷹市の女性の妊娠・出産について
Fグループ 待機児童をなくせ! ~理想の保育園とは~
Gグループ 絵画の持つ力
Hグループ 老人ホームについて
Iグループ 三鷹市の生活困窮者とその支援
Jグループ 三鷹市の難病支援について
Kグループ 三鷹市の在宅医療と大学
Lグループ 三鷹市保育の現状 ~そうだ、選挙へいこう~
Mグループ 子育て支援は人々の生活にどう影響するか
Nグループ 病児保育について
Oグループ 災害医療と三鷹市
Pグループ 北多摩南部医療圏における小児救急医療

2016.1.12 医学部事務課教務係

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動