1. 杏林大学トップ
  2. 高齢医学教室 小原医員が日本老年医学会優秀論文賞受賞

高齢医学教室 小原聡将医員が日本老年医学会優秀論文賞を受賞

 高齢医学教室の小原聡将医員が日本老年医学会に発表した論文「大脳白質病変を伴う軽度認知機能障害患者の高齢者総合機能評価における特徴」が、第23回 一般社団法人 老年医学会優秀論文賞に選ばれ、6月8日~10日に金沢で開催された第58回日本老年医学会学術総会で表彰されました。

 本論文は、認知症の前段階の病態と考えられる軽度認知機能障害(mild cognitive impairment:MCI)の患者において、脳のMRI画像で認められる大脳白質病変の存在が身体的、精神心理的にどのような特徴を示すのか、また、その介護者の介護負担感の特徴を明らかにし、患者やその介護者への介入の可能性を提言した論文です。(日本老年医学会雑誌.52:399-410, 2015)

 小原医員は「日常診療の疑問から出発した研究論文に対して、このような名誉ある賞を頂き、大変嬉しく思っております。この研究論文の作成にあたり、神﨑恒一教授をはじめとする高齢医学教室、およびもの忘れセンターの全ての皆様にお世話になりましたことに心より感謝申し上げます。本研究が軽度認知機能障害患者の理解を深めることにつながり、認知症診療の質の向上に役立ち、患者さんやそのご家族のためになれば幸いです」と受賞の喜びを話しています。



高齢医学教室・高齢診療科

2016.06.28

     右側が小原医員

     右側が小原医員

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP