1. 杏林大学トップ
  2. 30名が新たな一歩を ~秋卒業式を挙行~

30名が新たな一歩を ~秋卒業式を挙行~

 9月13日(水)、三鷹キャンパス大学院講堂で平成29年度(前期)学位記授与式及び平成29年9月卒業式が行われ、30名が学び舎をあとにしました。

 この日学位を授与されたのは、大学院国際協力研究科12名、総合政策学部6名、外国語学部12名の合わせて30名です。
 式では始めに大川昌利総合政策学部長・国際協力研究科長が学事報告を行ったあと、各学部長・研究科長から代表の学生に学位記が授与されました。
 その後、学業にいそしみ優秀な成績を収めた学生に送られる学園長・学長賞が、跡見 裕学長から、中国からの留学生で外国語学部の李 瑋昱さんに授与されました。

大川総合政策学部長・国際協力研究科長から学位記授与

大川総合政策学部長・国際協力研究科長から学位記授与

坂本学部長から学位記授与

坂本学部長から学位記授与

跡見学長から学園長・学長賞授与

跡見学長から学園長・学長賞授与

 続いて跡見学長が式辞に立ち、中国人11名を含めた留学生や日本人の学生達が学位取得までに重ねた努力に敬意を表した上で、「皆さんがこれから踏み出す世界は、グローバル化と多様化が進んでいます。“Moving Global, Staying Local”を目指す本学では、こうした時代に求められる国際社会で活躍できる人材、より専門的な見識を備えた人材、地域に根ざして活躍できる人材を育成しています。皆さんはこれからも、多様化する社会の中で、他国の歴史や文化を理解し、多様な他者の考えを共有しながら、活躍されることを祈念しています」とはなむけの言葉を送りました。
 続いて教員を代表して大瀧純一保健学部長・保健学研究科長が祝辞を述べ、「みなさんは明日から新しい環境でスタートを切りますが、時には努力が報われず、忍耐が必要になることもあるかと思います。しかし夢を追い続ければ、道は必ず拓けるでしょう」と語りかけました。さらに「自分一人では前向きになることが難しいこともあります。そんな時は、周囲に力を借りてください。本学の教員を訪ねたり、共に学んだ友人と語り合ったりしてください。皆さんのこれからのご活躍を蔭ながら応援しています」と励ましの言葉を送りました。

跡見学長から式辞

跡見学長から式辞

大瀧保健学部長・研究科長から祝辞

大瀧保健学部長・研究科長から祝辞

 式典終了後、各研究科、学部に分かれて卒業生一人ひとりに学位記が授与され、卒業生が恩師や家族を囲んで記念写真を撮る姿が会場のあちらこちらで見られました。

2017.09.14

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP