1. 杏林大学トップ
  2. 呼吸器内科の小田医員がAPSR Travel Awardを受賞

呼吸器内科の小田医員がAPSR Travel Awardを受賞

 平成29年11月23日から26日まで、オーストラリアのシドニーで開催されたAsian Pasific Society of Respirology (APSR) 2017で、医学部内科学Ⅰ教室(呼吸器内科)の小田未来医員がAPSR Travel Awardを受賞しました。
 APSRはアジア、オセアニア、中近東から多数の呼吸器科医師が参加する学術講演会で、このなかで小田医師は「肺胞蛋白症におけるCT値定量評価による治療効果の検討」の研究発表をしました。これは新規性の高い画期的な胸部CT所見の評価方法を解析した内容です。画像解析ソフト(SYNAPSE VINCENT)を応用し、びまん性肺疾患における胸部CT所見の広がりを定量解析したもので、治療効果の判定をより詳細に容易に行えるようになりました。この研究成果は今後、多くの臨床研究に役立つ方法として、国際学会でも高く評価されました。
 今回の受賞について小田医師は、「これまで指導してくださった諸先生方に深く感謝申し上げます。今回の受賞を励みにして医学発展に貢献できるような研究を日々行っていきたいと思います。」と話しています。

2018.1.12

医学部内科学Ⅰ教室 准教授 石井 晴之





 受賞した小田未来医員

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP