1. 杏林大学トップ
  2. 優良防火対象物認定消防検証の実施報告

優良防火対象物認定消防検証の実施報告

 3月13日(火)午前10時より、井の頭キャンパスにおいて、優良防火対象物認定消防検証が実施されました。
 井の頭キャンパスC棟(本部棟)が優良防火対象物として東京消防庁から認定(優マーク)を受けるためには、事前に実施された消防立入検査にパスし、予め組織された自衛消防隊による実戦訓練であるこの消防検証に合格しなければなりません。
 この自衛消防隊は、森井の頭事務部副部長を隊長に、各4名(警備員1名ずつ含む)で編成された通報連絡班、初期消火班、避難誘導班、安全防護班、応急救護班の5班に分かれており、当日は防火対象物自衛消防隊活動フローに添って、各班が任務を遂行しました。各班には検査官である三鷹消防署員が各1名帯同し、審査項目を入念にチェックしていました。
 消防検証終了後、三鷹消防署による検証結果が発表され、幸いにも「合格」と判定されました。
 最後に内藤井の頭事務部長より、「本日の消防検証を機に、今後常に教職員一人一人がより一層防火、防災を意識し、どんな状況下でも的確な対応が取れるよう訓練を積んでいきたい」との決意表明が述べられ、消防検証は無事終了しました。

2018. 3.15
〈井の頭事務部 青柳貴德〉

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP