1. 杏林大学トップ
  2. 4年生の古田さん呼吸器外科サマースクール・縫合コンテストで3位

4年生の古田さん呼吸器外科サマースクール・縫合コンテストで3位

 7月7日、神戸医療機器開発センターで行われた「第8回 呼吸器外科サマースクール2018・皮膚縫合コンテスト」で、4年生の古田めぐみさんが3位になりました。
 呼吸器サマースクールは、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会等の共催、日本肺癌学会、日本呼吸器学会の協賛で行われています。

 呼吸器外科サマースクールでは、2日間にわたり医学生や研修医が少人数で専門医の指導を受けながら、手技などを体験します。
 参加者は、手技や解剖の事前学習が課せられています。今回、杏林大学からは医学部生3人、研修医2人が学内での手技トレーニングなどを行い、サマースクールに臨みました。

サマースクールに参加した学生らとともに

サマースクールに参加した学生らとともに

 学内の外科手技同好会「ひも倶楽部」で活動する古田さんは、「皮膚縫合コンテストで3位になり、嬉しいと同時に、ほっとしています。これからも仲間と一緒に手技を高めていきたいです。サマースクールでは、学生4人を1人の先生が担当する恵まれた体制で、呼吸器外科の手技などを本格的に学びました。外科に関心のある他大学の学生と学べたこと、授業や実習の情報交換をしあえたことはよい刺激になりました。外科へ進みたい気持ちも強くなりました」と意欲的に話しました。
 古田さんにサマースクールの参加を紹介し、「ひも倶楽部」を支援・指導している外科学教室の田中良太講師は、「古田さんは、同倶楽部の活動に毎週参加し、縫合技術を大変熱心に習得し、高めてきました。今回の受賞はその成果だと確信しております。次回は優勝がとれるよう日々修練してください。私も『ひも倶楽部』の活動を通じて応援し続けます」とエールを送りました。

2018.7.18

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP