1. 杏林大学トップ
  2. 保健学部 阪本教授に東京消防庁から感謝状

保健学部 阪本教授に東京消防庁から感謝状

 救急業務の充実と発展に多大な貢献があったとして、東京消防庁から保健学部救急救命学科の阪本奈美子教授に「平成30年度救急業務協力者に係る救急部長感謝状」が贈られました。
 今回の感謝状は、「病院へ行く、救急車を呼ぶ、迷ったら? #7119」のキャッチフレーズで知られる「東京消防庁救急相談センター」の救急相談医として、その実績が顕著であるとともに、救急相談看護師のスキルアップとなる教育を行うなど、多大な尽力があったとして贈られました。
 贈呈式は9月14日(金)に東京消防庁で行われ、森住敏光救急部長から感謝状が手渡されました。
 阪本教授は、「相談センターには、昼夜を問わず数多くの救急医療相談が寄せられて相談看護師を中心に対応しており、その役割の大きさは計り知れません。そのお手伝いをさせていただきながら、今後も更なる発展に尽力していきたいと思います」と話しています。

森住救急部長から感謝状を受ける阪本教授

森住救急部長から感謝状を受ける阪本教授

東京消防庁救急相談センターのデスクで

東京消防庁救急相談センターのデスクで

2018.10.2

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP