1. 杏林大学トップ
  2. 坂本ゼミから3チームが英語プレゼンテーション全国大会に出場

坂本ゼミから3チームが英語プレゼンテーション全国大会に出場

 外国語学部英語学科 坂本ゼミナールの学生が、英語プレゼンテーションの全国大会に向けて練習に励んでいます。
 学生が出場するのは、第9回全国学生マーケティングコンテスト2019と第8回全国英語プレゼンテーションコンテストです。いずれの大会も予選を通過し、これから行われる2次予選、決勝に臨みます。

 全国学生マーケティングコンテストに出場するのは、尾暮清美さん、勝山未来さん、長沢風香さん、平野歌穂さんのチームと、野口幸輝さん、伏見野乃花さん、鈴木那望さんのチームです。
 「新たな書(描)く文化の創造~Kobe INK物語のマーケティング~)をテーマに、時代や経済社会、市場の変化や今後の見通しを踏まえつつ、万年筆インクブランド「Kobe INK物語」のマーケティング・プランを作成し、英語で発表します。
 学生が出場する東日本地区予選は、11月23日(土)法政大学市ヶ谷キャンパスで行われます。予選は、ほかに西日本地区、神戸市外国語大学でも行われます。その中から7チームが選ばれ、12月15日(日)神戸市外国語大学で決勝大会が行われます。

 全国英語プレゼンテーションコンテストに出場するのは、村谷宜信さん、伊藤由起さん、山田彩夏さんです。用意されたテーマから一つを選び、英語でプレゼンテーションをします。3人が選んだのは「世界を救え!食品ロスの削減を提案」で、身の回りの出来事や社会に目を向けた提案を盛り込みました。
 91グループが出場する2次予選は、11月30日(土)神田外語学院で行われます。決勝は同日、よみうり大手町ホールで行われます。
 いずれのチームもそれぞれの大会に向けて、プレゼンテーションの練習に日々励んでいます。

2019.11.20

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP