1. 杏林大学トップ
  2. 保健学部 Teacher of the Year 2019

保健学部 Teacher of the Year 2019

左から関講師、只野学内講師、岡島学部長、大久准教授、西村講師

左から関講師、只野学内講師、岡島学部長、大久准教授、西村講師

 保健学部「Teacher of the Year2019」に選出された教員の表彰式が行われました。
 Teacher of the Yearは、学生授業評価アンケートに基づいて選出されます。表彰された診療放射線技術学科 関講師、只野学内講師、健康福祉学科 大久准教授、臨床検査技術学科 西村講師のコメントを紹介します。


診療放射線技術学科 関健介講師

 この度は栄えある賞に選んで頂き有難うございます。ただ私の場合、他の先生方にご協力頂いている科目も多く、その先生方のご尽力で評価されたところが大きいです。私自身は学生の興味や志向をなかなか捉えることが出来ず、また教育の効果等に毎年苦慮しております。昨今、教育環境も大きく変化しており、柔軟な対応が求められると思われます。これからも一歩ずつでも前進すべく、努力してゆく所存です。一層のご指導よろしくお願い申し上げます。

関 健介講師(右)

関 健介講師(右)

診療放射線技術学科 只野喜一学内講師

 このたびは「Teacher of the Year 2019」という栄誉ある賞を頂き、大変光栄です。私は前職では放射線治療機器メーカーで様々な病院のサポートをしておりました。その経験を活かして講義では国家試験に必要な知識に+αとして、教科書には載っていない臨床現場の実情や実践的な知識を伝えるように心がけてきました。こんなことを講義で話しても良いのか、と悩んだこともありましたが、このような形で評価を頂き安心しております。今後も現場で役立つ講義を行うために努力していきたいと思います。

只野喜一学内講師(右)

只野喜一学内講師(右)

健康福祉学科 大久朋子准教授

このたびは「Teacher of the year 2019」という栄誉ある賞を頂き、ありがとうございます。臨床の場ではチーム医療が推進され、様々な場面でカンファレンスやチームミーティングが行われています。将来、スタッフの一員として参加することになるであろう学生に、栄養学の基礎的な知識を習得してもらいたいとの思いで講義を行ってまいりました。そのため、学生からの高い授業評価は、安堵とともに喜びもひとしおです。これからもこの賞を励みに、教育活動に取り組んでまいりたいと思います。

大久朋子准教授(右)

大久朋子准教授(右)

臨床検査技術学科 西村伸大講師

 この度は「Teacher of the Year 2019」という栄誉ある賞を頂き、大変光栄に存じます。2019年度は、看護学科の薬理学、臨床検査技術学科の血液学など種々の科目を担当させていただきました。各々の科目に対し、習得すべき知識や技術を如何に身につけさせられるかについて、興味を引きそうなテーマと結びつけるなど工夫いたしました。その結果、学生にも受け入れられたことは大変ありがたいことです。今後も学生の立場に立ちながら、楽しく受講できる講義を目指し、努力していきたいと思います。

西村伸大講師(右)

西村伸大講師(右)

2020.8.26

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP