1. 杏林大学トップ
  2. 肉眼解剖学教室 前期学習に積極的に取り組んだ学生を表彰

肉眼解剖学教室 前期学習に積極的に取り組んだ学生を表彰

表彰学生の皆さん。賞状と共に松村讓兒特任教授

表彰学生の皆さん。賞状と共に松村讓兒特任教授

によるイラストが描かれた記念品が贈られました

によるイラストが描かれた記念品が贈られました

 医学部肉眼解剖学教室は9月4日、前期の自宅学習に意欲的に取り組んだ2年生26名を表彰しました。表彰式は、この日行われた肉眼解剖学IIの定期試験終了後に行われ、長瀬美樹教授から1人ひとりに賞状が渡されました。
 表彰内容は、自習課題やeラーニングテストによる自主学習への取り組み、中間試験の成績、課題制作、など5部門で、各部門の優秀者が表彰されました。

 長瀬美樹教授は、「コロナ禍においても積極的に学習に取り組んだ学生をたたえたい。医学知識の基礎を学ぶ大切な教科の一つとして、肉眼解剖学教室ではこれからも学生のモチベーションを高める授業をしていきたい」と話しています。

課題制作「イラストや模型で表す人体構造」作品の一部。

課題制作「イラストや模型で表す人体構造」作品の一部。

2020.9.8

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP