学生制作の動画 介護イベントで発表

総合政策学部の学生が制作した「介護の現状を伝える動画」が、11月27日(土)に開催するケアリンピック武蔵野2021で、発表されます。
動画制作は、地域の課題に取り組む授業の一環として行われたもので、「福祉事業への理解を深める」をテーマにしています。撮影は、本学と教育・研究などにおいて包括連携を結ぶ武蔵野市で行われました。同市内の特別養護老人ホームやリハビリ型デイサービス、介護老人保健施設などの協力のもと、介護従事者へインタビューのほか、実際にリハビリを体験をさせてもらうなどして、その様子を6本の動画にまとめました。


今回のケアリンピックはオンライン開催します。学生たちの動画発表は11時30分から「武蔵野市×杏林大学~介護の想いをつなげたい~」として発表します。


≫ ケアリンピック武蔵野2021のチラシ(PDF)はこちらからご覧いただけます

タイトル 事業所名
人に寄り添える場所
ゆとりえ特別養護老人ホーム
ゆとりえ(介護老人福祉施設)
健康と笑顔を作る新習慣
運動で高齢者を元気にしていく
レコードブック武蔵境(地域密着型通所介護)
アライブ武蔵野御殿山
若い世代に、いま伝えたいこと
アライブ武蔵野御殿山(特定施設入居者生活介護)
介護職でリーダーシップを発揮する!
みんなの想いを大切に
ケアコート武蔵野(介護老人福祉施設)
きっかけは友人の一言
訪問介護ならではの楽しさや人との関わりの魅力
NPOグレースケア(訪問介護)
介護職や訪問看護の思いやりとやりがい
利用者に寄り添い、自立を助ける仕事
グリーンパーク居宅介護支援事業所(居宅介護支援)
グリーンパーク訪問看護ステーション(訪問看護)