• 杏林大学トップ
  • お知らせ
  • FD・SD研修会「数理・データサイエンス・AI教育の新展開と医療AIの最新動向」をオンライン開催

FD・SD研修会「数理・データサイエンス・AI教育の新展開と医療AIの最新動向」をオンライン開催

 2021年12月22日に、FD・SD研修会「数理・データサイエンス・AI教育の新展開と医療AIの最新動向」をオンラインで開催しました。

 はじめに、岡島康友保健学部長より開会の挨拶がありました。その後、IR推進室長の田中薫教授より本研修会の目的と講師紹介がありました。第1講演では総合情報センター長の大森拓哉教授が「データサイエンスリテラシーとは何か-制度と視点-」と題して、データサイエンス教育の現状と重要性を、統計学教育の視点を交えて講演しました。

 第2講演では保健学部の坪下幸寛教授が「保健・医療におけるAI応用の最先端事例」と題して、前職の医療AI開発の話や臨床検査分野への機械学習応用研究について解説しました。その後の質疑応答では、活発な情報交換が行われ、最後に、岡島保健学部長より総括と閉会の挨拶があり、無事終会となりました。

 本研修会の参加者は、245名でした。

2022.2.25