医学部講義棟の竣工式行われる

2020年11月から建設が進められていた新しい講義棟“医学部講義棟A”の竣工式が4月27日に行われました。
式には、松田剛明理事長、松田博青理事、渡邊卓学長はじめ学園役員・関係者、設計・施工関係者など41名が参列し、神事が執り行われました。

このあと、コロナ禍の中、工事が安全に予定通り行われたことに対して、松田理事長から株式会社竹中工務店に感謝状が贈られました。
そして学園を代表して松田理事長が、「設計や施工面でさまざまなリクエストに応えていただき素晴らしい建物と施設が完成しました。この新しい講義棟で、医学生や教職員が高い志を持って学習に励み、教育に打ち込んでもらいたいと思います」と、これからの医学教育への期待を込めて挨拶しました。

閉式後には、建物内部の内覧が行われました。講義棟は、延べ床面積が11,136㎡、地上6階の免震構造で、1階はカフェが併設されたラーニングコモンズと事務室、2階はラーニングコモンズ(ミーティングルーム2室配置)、演習室、3階から6階は講義室、自習室、演習室などは配置されています。新しい講義棟には、学生たちが経験を重ね、創造性を磨くことができるさまざまな機能を備えた学習環境が整備されています。

2022.4.27