2021年度 優秀学生に62名が選ばれました(7/15更新)

杏林大学は、学業や課外活動等で顕著な成績をおさめた学生を毎年表彰しています。
2021年度の優秀学生は62名で、そのうち各学部・学科(保健学部看護学科は各専攻)・各学年において前年度に最もよい成績をおさめた成績優秀学生は52名、学部が認める資格の取得や課外・社会活動において顕著な功績等を残した特別表彰学生は10名でした。
また、難関試験合格や語学試験等で高得点を取得するなど顕著な功績を残した学生を表彰する学部賞には、69名が選ばれました。
表彰式は新型コロナウイルス感染対策のため学部ごとに実施します。

保健学部表彰式


表彰式集合写真 井の頭キャンパス会場(左)、三鷹キャンパス会場

表彰式集合写真 井の頭キャンパス会場(左)、三鷹キャンパス会場

保健学部の表彰式が7月13日(水)井の頭キャンパスと三鷹キャンパスを中継でつないで行われました。井の頭キャンパスの会場には、臨床検査技術学科、健康福祉学科、臨床工学科、診療放射線技術学科、看護学科(看護養護教育学専攻)、救急救命学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床心理学科の表彰学生が、三鷹キャンパスでは看護学科(看護学専攻)の表彰学生が出席しました。今回の受賞者は、学部が定めた難関資格取得者等取得者に授与される杏会賞、杏会賞の中から特に優秀な学生に授与される特別表彰学生、各学科において昨年度のGPA値1位の学生に授与される優秀学生に計26名が選ばれました。
挨拶に立った岡島康友学部長は、それぞれの受賞者の努力を高く評価し、「賞を受賞することは、自身の履歴に残る注目すべきことです。このような積み重ねが実力になるので、努力を続けてほしいと思います。そして他の学生の模範となり、さらには社会でリーダー的役割を担う人材として成長してください」と期待を込めたメッセージを送りました。




外国語学部表彰式




外国語学部の表彰式が6月22日(水)井の頭キャンパスで行われ、成績優秀学生、特別表彰学生、学部受賞学生として32名が表彰されました。表彰式では坂本ロビン学部長より受賞者一人ひとりに賞状が手渡されました。
坂本学部長は、表彰学生に向けて「今日の表彰は、皆さんが夢をかなえるために、精いっぱい頑張った結果です。2年間、コロナで大変な状況が続きましたが、皆さんがあきらめずに努力したことは、本当に素晴らしいです。これからもその姿勢を大切にして、学んだことを存分に発揮して有意義な学生生活を送ってください」とエールを送りました。




総合政策学部表彰式





総合政策学部の表彰式は5月25日(水)井の頭キャンパスで行われました。
今回は成績優秀学生、特別表彰学生、学部賞受賞学生として55名が表彰されました。表彰式では多くの教員が参列するなか、北島勉学部長から受賞者を代表して総合政策学科2年生の糸川愛留さんへ賞状が手渡されました。
北島学部長は表彰学生に向けて「この賞は、皆さんが学業、課外活動そして難関資格取得などそれぞれ励んだ証です。教員一同心からお祝いします。これからも他の学生の模範となるよう、精進を続けてください」と激励しました。



2022.7.15更新