脳卒中医学教室河野講師が第63回日本神経学会学術大会でExcellent Teacher賞

 医学部脳卒中医学教室 河野浩之講師が、2022年5月18日から21日に東京で開催された第63回日本神経学会学術大会でExcellent Teacher賞を受賞しました。

 本賞は、これまで研修会や教育セミナー、実技指導などで日本神経学会の教育事業に大きな貢献をした会員を表彰する制度です。河野講師は、脳卒中画像診断や内科的治療等に関する脳卒中特別研修会の講師、頚動脈エコー検査を実技を交えて指導する、ハンズオンセミナー講師を務め、若手脳神経内科医や専門医の生涯教育に大きく貢献したことが評価され、受賞となりました。

 脳卒中診療は日々進歩しています。脳卒中救急診療を行いながら、効率よく最新情報を取り入れていくためには学会主催の研修会や教育セミナーへの参加は大切であり、その講師の役割は重要です。また、頚動脈エコー検査のハンズオンセミナー講師は、その技術に熟練し、参加者の技能にあわせた指導が必要であり、指導者自身が日頃からその手技に携わっておく必要があります。

 受賞した河野講師は、「杏林大学で日常診療として行っていることを活かした活動が高く評価されたことをうれしく思います。これまでご指導いただいた諸先輩方に深謝いたします。この受賞を励みに、引き続き研鑽を積む所存です」とコメントしています。

中央:河野講師

中央:河野講師

2022.6.7
杏林大学医学部 脳卒中医学教室