硬式野球部春季リーグを報告

硬式野球部の部長と監督、選手らが6月24日、松田剛明理事長に東京新大学野球連盟1部春季リーグ戦の報告をしました。

松田理事長を訪問したのは、部長の内藤高雄 総合政策学部教授、小俣 大監督、主将の小林 周さん、主務の須山 元さん(ともに総合政策学部4年)、マネージャーの石塚夢菜さん(保健学部2年)の5人です。

はじめに小俣監督がリーグ5位(勝ち点1、2勝8敗)となった各試合の結果を報告しました。1年生が加入して新チームで臨んだ春季リーグは、初戦こそ動きに固さが残りましたが、試合を重ねるごとに落ち着いて力を発揮できるようになったことなどが伝えられました。そして「僅差で負けた試合が多かった点を課題にあげ、秋リーグでは勝ち点を重ねられるチームにしたい」と意気込みを語りました。
部長の内藤教授は、「チームに1年生が加入して上級生も目の色を変えて練習に取り組むようになり、相乗効果が生まれています。春のリーグ戦はミスが少なくなったと感じています」とチームの様子を伝えました。
松田理事長は、「監督、部長としていろいろな苦労もあるでしょう。一つ一つ乗り越えて、いいチームにしてください」と就任2年目の小俣監督、長年野球部の部長を務める内藤教授をねぎらいました。


談話



主将 小林 周さん
100名近い部員をまとめることは大変ですが、先生や監督、スタッフに支えられて春季リーグを終えることが出来ました。チームのなかではよい意味での競争意識が芽生えています。強いチームに成長して秋季リーグで結果を残したいです。

主務 須山 元さん
チームもだんだんまとまってきたと思います。
秋季リーグで選手が全力で戦えるよう、ほかのスタッフと協力してサポートしていきます。

小俣 大監督
試合でミスした場面を想定した実戦形式の練習を積極的に取り入れるなど、試合をより意識した練習を重ねています。その成果が少しずつ現れて、今季は一つ一つのプレーに正確さが増してきたと感じます。部員にはいつも、日々の積み重ねで結果は必ずついてくること、野球を通して社会人としてのマナーを身につけることを伝えています。秋季リーグは成長した姿を見てもらえるよう頑張ります。


2022.6.24