脳卒中科平野教授を代表幹事に
8/27第40回The Mt.Fuji Workshop on CVD開催のご案内

 第40回 The Mt. Fuji Workshop on CVD を、2022年8月27日(土) 京王プラザホテルにて開催させていただきます。1982年より続く本会の運営を初の内科系代表幹事として務めさせていただき、教室員一同、大変光栄に存じております。
 本会の主題は「がんと脳卒中」です。がんと脳卒中は頻度の高い国民病であり、両疾患を合併する症例(がん関連脳卒中)に遭遇する機会も増加しています。がん 関連脳卒中の多くは脳梗塞であり、がんが関連する凝固異常(いわゆる Trousseau 症候群)以外にも、腫瘍の直接浸潤、化学療法・放射線療法の影響、侵襲的処置時の抗血栓薬中断など原因は多岐にわたります。当然、従来の機序(アテローム血栓性、心原性塞栓、ラクナ)で発症する例もあれば、ESUS を契機に未診断のがんが見つかることもあり、このような胆がん患者に発症した脳卒中診療は experienced based できました。
 

 一方、脳卒中を発症した胆がん患者のがん治療は、近年の脳梗塞急性期治療の長足の進歩ががん治療担当者には必ずしも共有されておらず、行うべき がん治療が改善する可能性のある脳卒中発症のために実施されていない懸念があります。
 これらの複合的課題を有するがん関連脳卒中を包括的に議論するには、脳卒中診療医とがん診療医の情報共有は不可欠であります。本会をがん関連脳卒中の課題と診療の 方向性を議論し、現時点の指針を示す場にしたいと考えております。
 ポスト・コロナでの学会開催を期待していたものの、まだまだ予断を許しません。今回も現地・web 併催といたしました。皆様のご協力とご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

●第40回 The Mt. Fuji Workshop on CVD HPは【こちら】


2022.7.29
第40回 The Mt. Fuji Workshop on CVD 代表幹事
杏林大学医学部脳卒中医学教室 教授 平野照之