1. 杏林大学トップ
  2. 外国語学部 保護者向け就職懇談会開催

外国語学部 保護者向け就職懇談会開催

外国語学部は今年度の保護者向け就職懇談会を1月10日(土)に八王子キャンパスで開催しました。
この就職懇談会は保護者の方々に本学の就職支援活動について理解を深めてもらい、学生・大学・保護者が一体となることで学生の就職活動をより効果のあるものにしようと毎年この時期に開かれているもので、今年度は保護者と学生およそ100人が参加しました。
 最初に、外国語学部の坂本ロビン学部長が「子供さんの就職活動の支援に役立つような講演などを用意しましたので、よく聞いていただいて今後の支援のご参考にして下さい」と挨拶しました。
 続いてマイナビ副編集長の柳井章氏が「保護者が出来る就職活動支援」と題して講演しました。この中で、柳井氏は今年度から就職活動の解禁が現3年生の3月から、また選考が4年生の8月からとそれぞれこれまでより後にずれることで、学生が準備不足のまま就活に突入せざるを得なくなることやかなり多くの企業の選考が実質的に前倒しされるのではないかと予想していると述べるとともに、保護者の支援のありかたとして、子供の長所をほめて自信を持たせることや就職先では子供の意思を尊重すること、他の学生と比較しないことなどの重要性を強調しました。
 このあと、本学の就職支援の取り組みとして、個人面談のほか学内企業説明会の開催、それに面接やグループディスカッション対策など様々なプログラムが実施されていることがキャリサポートセンターから詳細に報告されました。
 懇談会では最後に外国語学部の井手拓郎准教授が学部独自に取り組んでいるユニークな就職支援のイベントである就職シミュレーションについて紹介しました。   
 この中で、井手准教授は仮想企業を設定して学生に実際にエントリーシートを申し込んでもらい、集団面接、SPI試験、グループディスカッションを経て内定に至るまで採用選考を模擬体験する試みを年2回実施していること、これによって学生が就職試験の持つ独特の緊張感を本番とは違うとはいえ多少でも体感することで自信につながり、就職率の向上にも役立っていることを説明しました。
 文系2学部では総合政策学部も去年の12月に同じような保護者向けの就職懇談会を開催しています。

2015.1.13
外国語学部
キャリアサポートセンター

保護者向け懇談会

保護者向け懇談会

坂本学部長挨拶

坂本学部長挨拶

柳井マイナビ副編集長の講演

柳井マイナビ副編集長の講演

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP