1. 杏林大学トップ
  2. 今年度2回目の就活シミュレーションが実施されました。

今年度2回目の就活シミュレーションが実施されました。

 外国語学部観光交流文化学科は3年生全員を対象に企業の採用選考を模擬体験する今年度2回目の就活シミュレーションを11月21日(土)に八王子キャンパスで実施しました。
 この就活シミュレーションは仮想企業を設定しエントリーから始まって採用選考を経て内定に至るまでを模擬体験する本学独自のユニークなイベントで、6月に続いて今年度2回目です。
 午前は初めに全体説明会が開かれリクルートスーツに身を包んだ学生たちが勢揃いをして採用選考のスケジュールの説明を受けていましたが、会場の教室は張りつめた空気に包まれていました。
 続いて学生たちは大きく2つのグループに分かれてグループディスカッションと筆記試験に臨みました。このうち、グループディスカッションは更に5~6人の小グループに分かれて行われ、各小グループは司会と書記、時間係を決め、「テロが観光業界に与える影響」や「就職活動時期はいつが適当か」などの時事問題についてあらかじめ決められた制限時間内で討論を行いました。しかし、外部企業から招かれた審査員を前に、学生たちは自分の意見をしっかり言えるかと同時に相手の意見に耳を傾けることや最後に議論されたものをグループの意見としてどうまとめるかも試されただけに皆苦労をしていました。
 午後はグループ面接が1組2~3人毎に行われ、同じく外部企業の審査員から志望動機や大学時代に力を入れて取り組んだことなどについて質問を受けましたが、審査員の方をしっかりと見据えてはきはきと答える学生がいた一方で、緊張しながらも懸命に答える学生も見られました。
 イベントでは最後に外部審査員によって全体講評が行われた後、優秀学生が仮想企業の内定者として表彰されましたが、1日中採用選考の本番さながらに行われただけに学生たちは一様に疲れた様子でした。
 外国語学部ではこのあと12月5日(土)に英語学科・中国語学科も同じく今年度2回目の就活シミュレーションを行う一方、同じ日に総合政策学部もほぼ同じ内容で2回目の就活トライアルを行うことになっています。

2015.11.25
外国語学部       
キャリアサポートセンター

全体説明会

全体説明会

グループディスカッション

グループディスカッション

筆記試験

筆記試験

グループ面接

グループ面接

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動