1. 杏林大学トップ
  2. 今年度1回目の就活トライアル行われる

今年度1回目の就活トライアル行われる

 就職活動に備えて総合政策学部の3年生が企業の採用選考を模擬体験する今年度1回目の就活トライアルが6月30日(土)に井の頭キャンパスで行われました。
 就活トライアルは平成24年度から始まった本学独自の取り組みで、7年目を迎えた今年度から授業の一環として必修化されました。
 この日はリクルートスーツに身を固めた3年生を午前と午後の2班に分けてそれぞれ集団面接とグループディスカッションが実施されました。このうち集団面接では2人から3人がひと組となり、企業などから招いた面接員から「学生時代に力を入れたことは何か?」とか「自分の長所と短所は?」とった質問を受けました。面接のやりとりについてはひと通り終わった後に面接員からその場で講評が行われ、「答える時に目が泳いでいるのでもっと面接官の目を見て話すように」とか「聞いていないことまで答えているので、何を聞かれどう答えるかをしっかり考えるように」といったアドバイスを受けていました。
 またグループディスカッションでは6人から9人がひと組となり、自分たちで司会役、書記役、時計係、それに発表者を決めた上で、あるグループでは「仕事ができる人ってどんな人?」というテーマで議論し、意見をまとめて試験員の前で発表しました。こうした議論には慣れていないためかほとんど発言しない学生や聞き取りにくい声で意見を述べる学生もいて試験員から注意を受けていました。
 ある男子学生は「大変緊張しました。面接では結論から言えばいいのにそれができずに長々と説明してしまった」と反省の弁を述べていました。
 参加した学生は今回収録したビデオを見ながら教員などから改善点について改めて具体的なアドバイスを受け、11月に予定されている2回目の就活トライアルに臨むことになっています。

キャリアサポートセンター
2018年7月5日

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP