1. 杏林大学トップ
  2. 就職支援をテーマにしたFD・SD講演会開かれる

就職支援をテーマにしたFD・SD講演会開かれる

 3年生の就職活動が本格化するのを前に、「就職活動の現状と効果的な就職支援について」と題したFD・SD講演会が2月12日に井の頭キャンパスで開かれました。
 この講演会はキャリアサポートセンターと各学部の就職委員会の主催で開かれたもので、講師に企業の新卒採用コンサルタントとして活躍している谷出正直さんを招きました。
 会場にはおよそ90名の教職員が出席し、講演に先立って松田剛明副理事長が挨拶に立ち、教職員が一体となったさらなる就職支援の必要性を訴えました。
 講演の中で谷出さんは、まず就職活動の現状について、▽求人倍率は中小企業が急上昇している反面、大企業は低いままで2極化が進んでいること、▽企業の採用活動が早期化していること、それに▽採用対象が卒業見込み者以外にも広がるなど多様化していることを説明した上で、企業が実施しているインターンシップが事実上就職活動のスタートになっていると指摘しました。
 そして就職支援のあり方については、現代の若者の価値観が変化し▽自分らしさを求め、身の丈にあった生活を望んでいること、▽納得すると行動するが、精神論は通じないことなどの特徴が見られるとし、その変化を踏まえた上で▽行動する理由を伝えること、▽学生生活と社会人生活のルールが異なることを伝えることの大切さを強調しました。
 出席者の間からは、「断片的に知っていたことをデータを含め正確に系統立てて理解することができた」、「大変勉強になり、キャリアの授業に活かせそうだ」という意見があった一方で、「効果的な就職支援のポイントをもっと聞きたかった」といった意見も出されていました。 
 キャリアサポートセンターでは、今後も教職員の意見を聞きながら効果的な就職支援に役立つ講演会を開いてゆきたいと考えています。 

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP