1. 杏林大学トップ
  2. 保健学部対象の学内企業説明会行われる

保健学部対象の学内企業説明会行われる

就職活動シーズンが本格化したのを受けて、本学保健学部の臨床検査技術学科の3年生を対象にした学内企業説明会が3月7日、井の頭キャンパスで行われました。
説明会には臨床検査を主事業とする企業5社と薬の治験(臨床試験)を主事業とする企業3社のあわせて8社が参加し、これらの企業への就職を検討している臨床検査技術学科の3年生が出席しました。企業は1つずつ教室に分かれ、そこに代わる代わる訪れる学生に対して、4回にわたって事業内容や採用活動について説明しました。
このうち臨床検査を主事業とする企業の教室では、採用担当者が「病院で働きたい人、専門性を高めたい人、人と会うのが好きな人など、それぞれに働く場を用意している」とした上で、例えば専門性を高めたい人には、検査センターで医療機関から預かった血液などの検体検査を担当する道があり、一日あたり10万本もの検体が寄せられるが、自動化が進んでいるため大半は日中の仕事ですむことを説明しました。またこの企業には本学の卒業生が毎年のように就職していて、卒業生の数が71名にのぼっていることを強調していました。
一方、薬の治験を主事業とする企業の教室では、採用担当者が「新薬の開発には10年以上の長い時間と数百億円もの多額の費用がかかり、その治験業務を製薬会社の側でサポートする仕事と、医療機関の側でサポートする仕事との2つがある」ことを説明した上で、職場は女性が多く、産休育休からの復帰率が9割にのぼっていることをアピールしていました。
それぞれの教室で学生からは、事業内容に関する質問のほか、選考日程や「希望する職種に就けるのか」といった質問が出され、採用担当者が学生の納得がゆくまで丁寧に答えていました。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP